ストレス解消方法

MENU

体のメンテナンス ピラティス体験談

もう7年も前になるんですけど、ストレス解消というのも一部含みながらも始めたピラティス。

 

始めたと言っても、まだ日本にはピラティスの教室が東京くらいにしかなかった時代です。なのでネットの情報と、専門書?すらないので筋トレ雑誌?(しかも男性向け)の記事や新刊された女性向けの筋トレ雑誌?(jane ジェーン)の付録のDVDなんかで少しずつマスターしていきました。

 

妊娠中だったからか、お腹を意識するのは簡単で、呼吸法は必然的に胸式呼吸となりあまり苦労はしませんでした。ただイメージ通りに出来るには少々時間がかかりましたけどね。そしてゆっくり呼吸するというのが、最初はとっても辛かった…。

 

お腹の赤ちゃんに「ピラティスするからね〜」とお断りを入れてからやる。
それもコミュニケーション。

 

息を大きく吸った時、お腹の中で微妙に動き、深〜く深〜く吐き出したときは、動かなかった赤ちゃん。苦しかったのかしら。
妊娠中のピラティスは出産時に使う筋肉をほぐしながらも鍛える、骨盤の開きをコントロールする練習にもなるようです。

 

私の場合、その骨盤のコントロールを意識するところまでは理解していなかったから、ちょっと残念です。
ただ産道となる部分を、赤ちゃんがスムーズの通れるようになるエクササイズは出来ていたので、1人目の出産と全く違った感覚が、手に取るように感じられましたよ。

もちろん出産後、相当しんどい思いもしたんですけど、ピラティスを再開することで、心身ともにリフレッシュ出来ていたのは確か。

 

 

体型は夏場の出産だったこともあって、3か月で体重は戻りました。おそらく妊娠中の姿勢を意識できたからだと思うんです。

お勉強しましょ。

 

大きなお腹を支えるために、どうしても重心を保つのに後ろへ反ってしまい、出産後どこに重心を置いていいのか判らなくなったのが1人目の出産でした。体に染みついたくせというのは、本当に厄介だな〜とつくづく感じたものです。
その時は、整体師の方に骨盤と背骨の矯正をしてもらってすぐに正しい姿勢に戻れましたけどね。

 

 

どうですか?妊婦だった私でもこれだけの違いを感じたってことは、いかにピラティスの効果があったか、だから今でも自信を持ってお話しできるんです。
ピラティスには種類が2つあるそうで、私が自宅でせっせと行っていたのは「マット・ピラティス」と言うんですって。

 

道具的なものは使わなかったので、マスターするだけで簡単にできます。もう一つはイクイップメント・ピラティスと言って、専用の器具を使うようです。
ちなみに今現在は、股関節の不具合が生じたときに、ピラティスのエクササイズで治していますよ。

 

無理なく、手軽にメンテナンスに持って来いのお話でした。

ピラティス(私の体験談)関連ページ

健康な生活
医薬部外品について
メンテナンス開始
医薬部外品について
道具で快適
医薬部外品について
お風呂
お風呂ライフ
ピラティス
医薬部外品について
健康生活スタート
メンテナンスはじめませんか