道具を使って健康ライフ

MENU

道具を使ってみよう

肩こり、腰痛などなど筋肉疲労や運動不足が原因で起こる、症状はいくらでもあります。
それを「痛み」と感じるようになるとどうでしょう。やる気も失せて、苦痛ですよね。「痛み」があるだけでちっとも楽しくないし、元気も出ない。

 

そんな自分の体の「くせ」みたいなものってないですか?
寒い時期になると特に…とかこの仕事をすると症状が出るの…とか。

 

人によって痛む場所、タイミングはいろいろです。大抵の場合、放っておくと治るからと痛みと共に生活していたりします。

 

腰痛が出る人は、一度は整体やカイロの施術をしてもらったという話を聞きます。どうだったかはいろいろなのですが、結局その時だけはよくなるけど、また同じことを繰り返すって言うのです。
こういうことってよくありますよね。結局は予防的な努力も必要になってくるんですよ。

 

調子のいい時こそ!なんだけどなかなかねー…。

そんな時は、マッサージ器がいいんじゃないかな

全身出来る椅子(ソファ?)型のタイプがあれば言う事ないんだけど、高いし、置くスペースもいるしでなんだか大げさすぎるので、別のモノにしましょう(笑)

 

最近おもしろいマッサージ器がありますよね。座布団のような形をしたマッサージ器の入ったクッション。椅子に座ったままそれを当てたい部分に置いて、よしかかった状態でマッサージが出来るもの。これは展示品で試してみましたが、よしかかる具合を調節して強弱や場所を変えることが出来るし、なかなかよかったですよ。

 

 

あとはU字型をしていて、肩にかけて使うもの。タオルを首にかけるようにしてそれをかけると、首の後ろから肩にかけてをマッサージ出来ます。これは見たことはあるのですが、試したことはないです。残念。
このマッサージ器のいいところは、首回りをピンポイントで出来そうなところかな。

 

他には、ペンタイプのものやキャラクターの形をした小さなタイプもありますね。こういった小物なんかは、携帯できるので気休めにしかならないにしてもあると便利かもしれません。

 

 

ただ、せっかくのマッサージ器も自分の「ツボ」みたいな箇所をわかっていないと、やみくもにマッサージをしても効果がない…とまでは言いませんけど、自分にとってベストな位置を見つけると、マッサージ器で充分にメンテナンスが出来るんじゃないかなと思います。

 

軽い運動やストレッチをするのも、本当は手軽に出来るメンテナンスなんだけど、マッサージ器を使うのは違った意味で手軽ですよね。人の手も借りずに済みますしね。何もしないよりは、いい方法だと思います。

道具を使ってみよう関連ページ

健康な生活
医薬部外品について
メンテナンス開始
医薬部外品について
お風呂
お風呂ライフ
ピラティス
医薬部外品について
ピラティス(私の体験談)
医薬部外品について
健康生活スタート
メンテナンスはじめませんか